お問い合わせは


info@truecolors.jp

“プラス 一般色覚の世界”という“おまけ”

近視・遠視の人がメガネをかけると、よりよく見えるようになります。
色覚障がい者の人が色覚補正レンズのメガネをかけると、
それまでの色覚世界にプラスして、一般色覚の世界も得られるということです。

ここでは色覚補正レンズを使用している人の声を、
ご本人の了解を得られた分だけ、一部ですが載せています。


●60歳代男性/技術職(箕面市)
 
今まで知らなかった色がたくさんあったことに、驚きと楽しさが入り交じっています。
 特に花などは今まで感じたことがないくらいきれいに見えます。ただ、今まで裸眼で私だけに
 見えていた、特定の色の判別がメガネを通すとできないですね。
 多くの人には見えないところが、私には見えていたのですね。
 今までのままでもいいけど、メガネで見るもう一つの世界も楽しい。
 メガネを通して見る一般多数派の人の見え方は大切な私の「おまけ」です。

●40歳代男性/建築関係(名古屋市)
 
フローリングのメジ、ベニア板の継ぎ目がわかる。

●30歳代男性(京都市)
 
コーラの赤い車・赤いポストがはっきりわかった。

●20歳代男性(岡山市)
 これが“ワインカラー”なんだと。初めてです、こんな色を見るのは。

●50歳代男性/営業マン(神戸市)
 自分のネクタイの色にビックリしました。妻に頼らないで服を選べるようになりました。
 必要なときに手元にあると便利ですね。

●20歳代男性(大阪市)
 
道路工事現場で働くようになったが、アスファルトに赤色マーカーで引かれた線が
 見えづらかったので、助かりました。

●30歳代男性(豊中市)
 
バスの運転手の試験に合格しました。

●50歳代男性(和歌山市)
 
カレンダーの祝日、休日の赤色がわかりやすい。

●20歳代男性(大阪市)
 
電車の路線図がわかる。

●50歳代男性(愛媛県)
 
車を運転しているときに、前を走る車のブレーキランプがわかりづらかったのですが、
 とても見やすくなりました。

●60歳代男性(静岡県)
 
赤色はきれいに見えるようになったが、今まで鮮やかに見えていた街路樹の緑が
 褪せて見える。多数派の人たちはこんなに褪せた色の街路樹を見ているのか…。

●50歳代男性(堺市)
 
度付きでないのが残念ですね。

●60歳代男性(京都市)
 
色覚障がいの人には判別しにくい標識や信号が社会には多いです。
 たくさんの人が、暮らしやすい生活環境を望んでいます。

●30歳代男性(奈良県)
 
レンズをつけて便利ではあるが、それより少しでも周りの環境が変化することが重要だと
 思います。


〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-2-10 大西ビル302号 ネオ・ダルトン株式会社内
TEL 06-4708-5833 FAX 06-6281-0040 
info@truecolors.jp