2002年2月22日 朝日新聞

小4の色覚検査撤廃へ

 小学4年の健康診断で行われている色覚検査が03年度から廃止される。文部科学省が学校保健法施行規則の改正案をまとめた。
 色覚異常は遺伝子の変異のため、色の見え方が通常より少し異なる。日本人では男性の4.5%、女性の0.2%の計約300万人。大半は生活に支障がない。学校での一律検査が、就職などでの「色覚差別」につながってきた、との指摘があり、日本色覚差別撤廃の会などが廃止を訴えていた。

(朝日新聞 2002年2月22日 記事)