お問い合わせは


info@truecolors.jp


色覚多数派と少数派

色に対する感じ方は人それぞれ異なり、色の見え方や感じ方も違います。
色の見え方の違いが大きいと、特定の色の見分けが困難になることがあります。

隠された数字は52か、89か?

上の画像をよくご覧ください。
人によって見え方は異なることがあります。
同じ画像を、色(色相)の情報を抜いて、明度差だけの
白黒画像に変換したものが下の画像です。

色を色味(色相)で見分ける一般色覚者に比べて、明るさや鮮やかさで
色を判断する傾向が強いのが、「色覚異常」を有する人たちです。


僕は幼い頃から草むらの中の虫を見つけるのが得意だった。
母は僕をいつも山菜採りに連れて行った。
そしてたくさんのコゴミやワラビを採った。

僕が50歳を過ぎて、色覚補正レンズに出会ったとき、
初めてその理由がわかった。
「僕は赤い色はどうも他の人と同じように見えず、
そのかわり緑色は他の人より極めて綺麗によく見えている」ということ。
僕が「他人より劣っている」と思っていたことは「特別な才能」だったのだ。
(兵庫県 54歳・男性)



〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-2-10 大西ビル302号 ネオ・ダルトン株式会社内
TEL 06-4708-5833 FAX 06-6281-0040 
info@truecolors.jp