お問い合わせは


info@truecolors.jp

色覚補正レンズの仕組み

ある人が、赤を感じる細胞が60%しかなかったとします。
そうすると多くの人が赤100%と緑100%の刺激を受けて
「黄色」を感じる場合に、その人は赤60%と緑100%ですので緑の刺激の方が強く、
「緑っぽい黄色」に感じます。
ではどのようにすると一般の人と同じ「黄色」の感覚が得られるでしょうか。
その人は赤を感じる細胞が60%ですので、緑と青を感じる細胞もそれに合わせ
同じように60%に調整してみます。

つまり、一般の色覚者が赤100%と緑100%で黄色100%を感じ、
その人は赤60%と緑60%で黄色60%の感覚が得られるということです。
視界はやや暗くなるものの、一般の人と同じバランスの色調を感じることが
できるということです。

色覚補正レンズは、このような理論に基づき1990年に、
中国・長春市の吉林大学医学部の陳暁光教授により発明されました。
このレンズは特殊な干渉膜フィルターを使用して
感度の強すぎる色の光をカットし、色を感じるバランスを調整し、
それぞれの人に適したレンズ(メガネ)として使用するものです。

色覚異常を有する方々の98.2%が補正可能

光の3原色に対し色覚異常を有する方々の多くは、一般の人に比べて
赤が弱く緑の感度が強すぎるという結果が調査で出ています。

補正レンズは合計32種類用意されていますが、
実際にはそのうち12種類で98%の人の補正が可能です。

補正レンズについて詳しくは→ ネオ・ダルトン株式会社

補正レンズユーザーの声


〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-2-10 大西ビル302号 ネオ・ダルトン株式会社内
TEL 06-4708-5833 FAX 06-6281-0040 
info@truecolors.jp